2016年09月30日

経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2016

政府が閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2016」に、有望成長市場 の一つとして「建築物の維持管理・更新を行うメンテナンス産業の育成・拡大」が盛り込まれた。推進役となる国土交通省では「建築物に限ったものではなく、広くインフラ全般のメンテナンスを対象としたもの」と説明するが、メンテナンス産業の育成・拡大が閣議決定された意味は大きい。一方で、方針は既存の産業の育成というより、市場への新規参入を促し、新たな産業を構築することを目指しており、ビルメンテナンス業界も対応を求められることになりそうだ






non_co_jp at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Links
Fun to Share




















最新コメント
最新トラックバック
天気